ロボットによるFUE法|女性育毛剤で髪の毛も心も歓喜をあげる|生活習慣の見直しを
夫婦

女性育毛剤で髪の毛も心も歓喜をあげる|生活習慣の見直しを

ロボットによるFUE法

男性

FUT法とFUE法

自毛植毛にはメスを使うFUT法とメスを使わないFUE法があります。梅田で開業するほとんどのAGAクリニックではどちらの方法も用意しています。いずれにしても側頭部や後頭部から毛根を毛穴ごとくり抜いて前頭部などに植毛しますが、やり方は違います。FUT法はメスでスリット上に切り抜いてから毛根を取り分けて(株分け)植毛する方法です。メスを入れたスリットの部分は縫合し、後々はさほど目立たない白い傷跡となります。一方、FUE法はパンチで毛根をくり抜く方法です。メスで切るより傷が小さいので縫う必要はありませんが、点状の傷は残ります。FUE法の方が痛みや傷が小さく利点が多いように感じますが、ドナーロスを起こす頻度が高いという欠点があるのです。ドナーロスとはパンチにより毛根が傷付いて植毛できない状態のことです。したがって、梅田のクリニックの多くはFUT法を選択しています。

ドナーロス無しのロボット

近年最先端の技術を搭載した植毛ロボットが開発されたので、パンチによるドナーロスが激減しました。そもそもなぜ毛根を採取するときに傷付いてしまうかというと、毛根の向きが人によって、かつ部分によって異なるためです。小さい毛根を人の手で正確に採取するのは大変高度な技術がいります。植毛ロボットには光の感度が良いCCDカメラが4つ搭載されていて、1秒に50回という回数で撮影し髪の生え方や本数、密度などの精密な情報を集めます。それから2段階構成のパンチで採取していきます。まずインナーニードルが皮膚をパンチし、次にアウターニードルが繰り抜くという流れです。正確で短時間に採取できるため、傷も小さく跡も気になりません。梅田でもこのロボットを導入しているクリニックが増えてきています。梅田で自毛植毛を考えている方は、この方法も選択の一つに加えると良いのではないでしょうか。